1: ニート放送局がお送りします。 2018/08/15(水) 21:11:37.401 ID:GONqf0W30
    SHIAWASEIMGL2867_TP_V
    三井ショッピングパークカード。ブランドはJCB

    【【憤怒】学生ニート僕、早さが売りのクレジットカードに申し込むも24時間たつのに審査結果こない 】の続きを読む

    1: ニート放送局がお送りします。 2018/08/16(木)12:19:40 ID:xSE
    TRTM9545_TP_V1
    白米おかわり自由で男性1200円、女性700円
    どうや?

    【ワイニート、キムチ食べ放題の飲食店事業を思いつく】の続きを読む

    21: ニート放送局がお送りします。 2014/08/26(火)14:33:41 ID:A44QKpe2U
    TS0529000_TP_V1
    「……え?お、お兄ちゃん……?」

    「聞こえなかったのか?――この家を、出るんだ」

    「……!」

    ひまわりは顔を青くし、激しく動揺しているようだった。
    それも当たり前だろう。
    ひまわりとはケンカをすることはあっても、ここまでの言葉を口にしたことはない。
    にも関わらず、ケンカらしいケンカもしていない今、唐突にそう言われて混乱しているのだろう。
    なぜ、オラがそんなことを言ったのか分からない。
    なぜ、そう言われたのか分からない。
    なぜ、なぜ、なぜ、なぜ……きっと彼女の頭のなかは、そればかりが漂っているだろう。

    気が付けば、彼女は涙を流していた。

    「……ひまわり……今日、風間くんと会ったよ」

    「……!」

    「プロポーズ、断ったそうじゃないか……なぜだ?」

    「……だ、だって……それは……」

    「風間くんが、嫌になったのか?」

    「そ、そんなんじゃないよ!……そんなんじゃ、ないけど……」

    (……即答、か……)

    これで、確信した。
    それと同時に、言い知れぬ怒りのような思いが沸々と生まれていた。

    【【クレヨン】しんのすけ27歳…完結【しんちゃん】】の続きを読む

    このページのトップヘ